9月15日(手術73日前)胃癌の診断が確定

午後1時から昼飯抜きでCTの順番を待つ。それほどは待たずに処置室に呼ばれ、造影剤を点滴すると下腹のあたりがかっと熱くなる。CT自体はズボンを下げて寝ていればすぐ終わる。造影剤の違和感もすぐに消えた。

今日はCTの結果とともに、先日取った組織の生検結果の説明を受ける日だ。8か所も取ったから大丈夫(癌がみつかる)だろうと覚悟を決めて診察室に入る。結果は、比較のために正常な部分を取った1つを除く7か所のうち、どうやら癌とみられるのは1か所とのことであった。

先生からはこれでも手術ができるが、体のほかの部分に散っていないか見るためのPET検査の提案があった。3割負担で3万円程度とのことなので、どうせがん保険で診断給付金が出ると思い受けることにした。でもこれって生検で明白な結果がでていないから補強の意味で行うのかなとの疑問も少しはあった。CTについては他に転移はみられないとのことで一安心。でもちゃんと読影してくれているのかな?

とにもかくにも癌との診断がつき

次回は消化器外科に行ってくださいということになった。早くも手術の準備として、レントゲン、採血、採尿等を行う。採尿を聞き逃していて事前にトイレに行ってたので絞り出すのに難儀した。

 

ハゲみになりますのでポチっとしておくれやす

にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ